できれば家族に秘密にしたまま

任意整理して返済の負担を軽減するつもりでしたが、債務額が大きかったので最終的に個人再生を選びました。

所有していた車は趣味の範囲ということで処分を求められましたが、自宅を処分せずに済んだのは嬉しかったですね。

毎月の返済の負担が軽くなりましたし、家族に嘘をつかなくてもよくなったので、精神的な面でも債務整理をして良かっ立と思っています。

もし、債務整理をしたのであれば、債務額を払える範囲まで減額できます。
けれども、事故歴アリとして信用情報機関に残されます。

こうなってしまうと、ブラック状態になるため、金融機関の審査が通らなくなってしまうでしょう。

この状態は、少なくとも5年間はつづくとされていますから、忘れないでください。

カードローンの申し込みやクレジットカード制作時の審査で判断材料となるのが個人信用情報で、そのデータには以前債務整理をし立という記録も残っています。

履歴を保持する年数には決まりがありますが、これがある限り新規借り入れは不可能です。
立とえば自己破産をおこなえば個人信用情報の記録は免責決定が下りてから起算し、自己破産以外の債務整理を行った際は手続き後に残った債務を完済した時から最低でも5年間残るといわれているのです。

日常的に借金をしているような人の中には、債務整理を複数回することは可能なのだろうかと不安に思っている人もいるでしょう。

普通は何度してもかまいないのです。沿うは言っても、これまでに債務整理をしたことがあるのに改めて債務を整理を要望するとなると、もしかすると債務整理の方法によっては承認がハードになるかも知れないのです。

軽々しく債務整理に頼ろうとするのは辞めておきましょう。
もう借金が返せない